岡山市北区 内反小趾改善方法

2018/08/30

【内反小趾の症状と原因】
内反小趾は、小指が変形してしまい薬指側にくの字に変形してしまう症状です。
外反母趾という症状がありますが、その逆のバージョンです。
内反小趾も外反母趾と同じくらいみられる症状であり、若い女性を中心に多くいます。

内反小趾は、外反母趾のように痛みは出ない場合も多くあります。
痛みで受診することは少なく、形のおかしさや使いにくさで受診することがほとんどです。
以下のような場合は、内反小趾の疑いがあります。

・小指が薬指側に曲がっている
・小指に力が入らない
・小指の付け根が痛い
・足が急激に冷える
・小指の爪が生えてこない
・小指をぶつけやすい

このような人は、内反小趾の可能性が考えられます。

内反小趾は、以下のような原因で発症してしまいます。

・O脚、X脚
O脚やX脚の人は、小指に良くない負担がかかることが多く、小指が曲がって内反小趾になってしまうことがあります。

・足に靴が合っていない
内反小趾の多くが、足に靴が合っていません。
小さい靴や細い靴など、窮屈な靴は足を変形させてしまい、1番弱い小指は簡単に曲がってしまいます。

・ストッキングをよく履く
ストッキングというのは、小指に大きな影響を与えてしまいます。
ストッキングのパワーで小指が簡単に曲がってしまい、内反小趾となってしまうのです。

・姿勢が良くない
姿勢が良くなく小指に負担を掛けるように歩いてしまうと、内反小趾となってしまいます。


【内反小趾改善方法】
内反小趾は、以下のような方法で改善ができます。

・足指の体操
小指まわりの硬くなった筋肉をほぐし、内反小趾を改善させる方法です。
小指をよく動かし、固まってしまった筋肉をほぐしましょう。

・姿勢を改善する
姿勢を改善させると、小指にかかる負担が少なくなるので、内反小趾を改善させることができます。
棟を張って歩くようにし、歩き方も改善しましょう。

・足に合っていない靴を履かない
足に合っていない靴は足に大きな影響を与えてしまい、内反小趾になってしまいます。
幅広い靴にし、小指に影響を与えないようにしましょう。

・ストッキングをはかない
ストッキングは内反小趾に大きく影響を与えてしまうので、絶対に避けましょう。
できれば、5本靴下がいいですよ。
家に帰ったら裸足になることも、いいですよ。

・足底板の使用
足の裏に当てて、小指の形を改善させる方法です。
専門医の方であっせんしてくれるので、問い合わせてみるといいですよ。

・インソールでの改善
内反小趾用のインソールを靴底に入れることで、内反小趾が改善していきます。
かなり効果的ですので、オススメです。
専門医が詳しいので、問い合わせてみましょう。

いかがでしたでしょうか。
内反小趾は、ケア次第で楽になっていきますよ。
小指の形が変なのはカッコ悪いので、改善しましょう。
痛みはあまり出ませんが、見た目も良くないですし曲がりが重篤な状態になってしまうこともあります。
気になる場合は専門医に相談をして、治療を行っていきましょう。

 

岡山市北区 内反小趾改善方法なら、「たのしい整骨院」にお任せください。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お知らせ

外反母趾BLOG

2017/03/22

1/1
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
〒700-0913
岡山市北区大供2-5-19
たのしい整骨院     086-222-4009  
 (交通事故対応、腰痛、肩こり、膝痛などはコチラ)
​岡山外反母趾外来 086-237-0635
 (外反母趾専用ダイヤルはコチラ)
【定休日】 木曜日
​【営業時間】10:00から21:00受付まで
🅿︎6台完備
​完全予約制
​Copyright©︎ついてるケア2020 All Rights Reserved