岡山市北区 パニック障害

【パニック障害とは】 パニック障害というのは、何の理由もないのに動悸やめまい、発汗、窒息感、手足の震え、窒息感が発生してしまう発作が長く続いている症状です。 このような発作をパニック発作といい、パニック発作が改善せず長く続いている状態を、パニック障害といいます。

パニック障害の発作の状態は、死んでしまうのではないかと思う程強い症状が起きてしまいます。 あまりにもひどくて、自分ではコントロールできないと思ってしまうようです。 しかし、その発作の状態は長くは続かず、長くても10分程度で収まります。 そのため、本来であればあまり大げさに受け止めずに、すぐ治ると思うべきです。 しかし、なってしまうとそうもいきませんよね。 強い症状なので怖く、しかもまた起きてしまうのではないかと、不安になってしまいます。

パニック発作が起きても怖いと思わず、治るものだと思うようにしましょう。 パニック障害は予知不安も大きな影響となるので、不安に思わないようにすることも大事となります。

パニック障害は、精神科や心療内科で診察を受けます。 病気やケガではないので、検査では症状は全く出ません。 そのため、患者さんの説明する内容により、状態を判断します。 いつどのような症状だったのかをきちんと説明し、先生に理解してもらいましょう。 説明に自信がない場合は、メモに書いて持って行って説明するといいですよ。 あせらず説明をして、先生に症状を理解してもらいましょう。 なるべく誰かと一緒に診察に行き、1人では行かないようにしましょう。

【パニック障害の治療方法と経過】 パニック障害の治療方法は、以下のような方法で行っていきます。

・薬物療法 パニック障害のほとんどの場合は、薬物療法で治療を行っていきます。 抗うつ薬や抗不安薬を使って、改善へとみちびいていきます。 半年~1年程度飲んで、治療を行っていきます。 ほとんどの場合、薬物療法で改善していけます。

パニック障害は、早期成人期に多くいます。 一般的には、1~2年程度で改善していくといわれています。 厄介なのが余予知不安なのですが、それが改善していくことでパニック障害の感知といえます。 予知不安も徐々に消えていき、たまに思い出したとしても不安ではなくなります。 このような状態になっていくと、完治したも同然です。

パニック障害は、一種の症状です。 病気ではないので、必ず治ります。 あまり力を入れて考えず、自然に治っていくことを考えて取り組むようにしましょう。

また、周りの人の助けも大事となり、予知不安とならないようにケアしていくようにしましょう。 何か熱中することがあると予知不安は起き難いので、当人が熱中できる何かを見つけて上げることも大事となりますよ。

いかがでしたでしょうか。 パニック障害は、1度なると不安ですよね。 でも、間違いなく治ります。 スッと改善していきますので、あまり深く考えずに改善へとみちびいてみましょう。 そのうち、そんなことがあったなと思えるようになりますよ。

岡山市北区 パニック障害なら、「たのしい整骨院」にお任せください。


お知らせ
アーカイブ
タグ