岡山市北区 変形性膝関節症の改善方法

2018/06/15

【変形性膝関節症の症状と原因】
変形性膝関節症は、膝の関節を覆っている軟骨がすり減ってしまうことで発生してしまう症状です。
炎症が起こってしまい、膝関節のまわりの神経が刺激されてしまうことで、痛みが発生してしまいます。
健康な人の膝は、大腿骨と脛骨の間に軟骨と半月板があります。
この2つがクッションとなって、膝にかかってしまう衝撃を吸収しています。
膝の関節を覆っている軟骨がすり減ってしまったり衰えてしまうことで、骨と骨同士が接触してしまいひどい痛みが出てしまうのです。

中高年に物凄く多い症状であり、男性で860万人、女性で1670万人もいるといわれています。
50歳以上の人は、2人に1人変形性膝関節症の人がいるとも言われています。

変形性膝関節症は、以下のような症状を発します。

・運動した時に膝が痛む
・膝に水が溜まる
・膝が腫れる
・膝を動かしにくくなる

変形性膝関節症の原因ははっきりとしたことはわかっていません。
主に、以下のようなことが原因ではないかといわれています。

・加齢
・太り過ぎ
・姿勢の悪さ
・運動不足

膝が痛くなることなんてよくあることだから気にならない、なんていう人もいると思います。
しかし、膝の痛みというのは重篤な病気が隠されていることもあります。
膝の関節を覆っている軟骨がすり減ってしまと似たような症状が出る病気には、関節リウマチや通風、偽痛風などもあります。
これらの病気の可能性もあるので、まずは専門医に診てもらいどの病気なのかを判断してもらって、適切な治療を行うことがとても大事となります。
たかが膝痛と思い放置せず、正確な診断を受けて治療を受けるようにしましょう。


【変形性膝関節症の改善方法】
変形性膝関節症は、軟骨が壊れてしまうことで膝に痛みが出てしまう症状です。
軟骨は1度壊れてしまうと元に戻ることはないので、できれば早く気付いて治療を受けることが大事となります。
少しでもおかしいなと思ったらセルフケアを行い、専門医に診てもらうことが大事となります。

・セルフケア方法
まずは、生活習慣など自分で改善出来ることを見直して改善へとみちびきましょう。
減量をして膝への負担を減らしたり、運動をして膝のまわりの筋肉を強化したりし、膝への負担を極力減らしていきます。
この2つのセルフケアだけでも、状態によってはかなり良くなっていきますよ。

・薬物療法
痛みがある場合は、薬を飲んで痛みを軽減していきます。
鎮痛剤などを使って、症状を緩和していきます。
痛みが強い場合は、神経ブロック注射などを用いることもあります。

・装具療法
足底装具や膝のサポーターなどを用いて、膝への負担を軽くします。
専門医の指導が必要なので、必ず専門医に相談をして行うようにしましょう。

・物理療法
膝痛の場合は、痛みが強い場合は冷やして症状を緩和していきます。
それ以外は温めるのですが、この見極めは素人には難しいです。
専門医の判断で、どちらを行うべきなのかを判断してもらいましょう。

・手術療法
保存療法で改善しなく生活が困難な場合は、手術療法を行っていきます。
いくつかの方法があり、症状に合わせて決めて行います。

いかがでしたでしょうか。
膝痛はついつい放置しがちかもしれませんが、悪化してしまうととても厄介です。
おかしいなと思ったら対処して、悪化させて面倒な状態にしないようにしましょう。

 

岡山市北区 変形性膝関節症の改善方法なら、「たのしい整骨院」にお任せください。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お知らせ

外反母趾BLOG

2017/03/22

1/1
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
〒700-0913
岡山市北区大供2-5-19
たのしい整骨院     086-222-4009  
 (交通事故対応、腰痛、肩こり、膝痛などはコチラ)
​岡山外反母趾外来 086-237-0635
 (外反母趾専用ダイヤルはコチラ)
【定休日】 木曜日
​【営業時間】10:00から21:00受付まで
🅿︎6台完備
​完全予約制
​Copyright©︎ついてるケア2020 All Rights Reserved