岡山市北区大供 腰痛の原因

2018/03/05

【腰痛の原因】
腰痛の人というのは多く、日本に3000万人ほどいると言われています。
腰痛の原因というのは様々あり、これらが原因と言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・重い脊椎の病気
背骨の圧迫骨折や、ガンの骨への転移、化のう性脊椎円などが挙げられます。

 

・内臓の病気
腰には内臓からの神経の多くがのびているので、内臓からの影響が腰にいきやすいと言われています。慢性膵炎、腎盂炎、尿路結石、十二指腸潰瘍、子宮内膜症など、これらの病気の影響によって腰痛が発生してしまうことがあります。

 

・椎間板ヘルニア
腰部分の椎間板ヘルニアになってしまうことで、腰痛としてしまいます。

 

・腰部脊柱管狭窄
腰部脊柱管狭窄も腰への神経による障害なので、腰痛を引き起こしてしまいます。

 

・筋肉の衰え
腰回りの筋肉が衰えてしまうと、腰に大きな負担がかかってしまい腰痛となってしまう場合があります。

 

・特定されていない原因
腰痛の中で1番多いのが特定されていない原因であり、全体の85%を占めているといわれています。腰痛というのはよくあることという認識をされてしまい、ほとんどの人が放置してしまう傾向があります。
しかし、これらの原因をチェックしてみると、重篤な原因も隠れていることがわかります。
症状が明らかにおかしい場合や、腰痛が3カ月以上続く場合は、整形外科で診察を受けることが大事となります。

 


【腰痛を悪化させないための対策】
軽度な腰痛の場合は、対策を取ることで楽になることができますよ。
まず腰痛かなと思ったら、以下の方法で改善へとみちびいてみましょう。

 

・軽い運動を行う
適度な運動を行うことで血流が良くなるので、痛みが気にならなくなることができます。
また適度な筋肉が付くことで、腰への負担を少なくすることもできます。
ウォーキングのような簡単な運動でいいので、手軽な有酸素運動を行うようにしてみましょう。

 

・正座をする習慣を付ける
正座が腰痛に効果的と言われているのは、背骨のゆがみを改善することで腰痛を改善できるという流れです。30秒ほどでいいので正座をする習慣を付けると、徐々に腰痛が気にならなくなっていきますよ。

 

・腰を温める
腰痛は、温めることがとても効果的です。
ゆっくり入浴して腰を温めて、楽になりましょう。
また、温湿布や貼るカイロなどを貼ることも、腰痛が楽になっていきますよ。
腰痛になりたての時は温めると痛みが倍増してしまうので、痛みが治まってからのケアとなります。もしも急な腰痛に見舞われてしまったら、腰に負担をかけないように横になりましょう。」横になる時は、あくまでゆっくりと横になることが大事となります。
横になっていると痛みが徐々に楽になってくるので、痛みが治まったらゆっくりと動くようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。
腰痛はなる人が多いせいか、軽くとらえてしまいがちですよね。
でも、中には恐ろしい病気が潜んでいることも覚えておきましょう。
まずはセルフケアで改善するようにし、改善しない場合は専門医に診てもらうようにしましょう。

 

 

岡山市北区 腰痛の原因なら、「たのしい整骨院」にお任せください。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お知らせ

外反母趾BLOG

2017/03/22

1/1
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
〒700-0913
岡山市北区大供2-5-19
たのしい整骨院     086-222-4009  
 (交通事故対応、腰痛、肩こり、膝痛などはコチラ)
​岡山外反母趾外来 086-237-0635
 (外反母趾専用ダイヤルはコチラ)
【定休日】 木曜日
​【営業時間】10:00から21:00受付まで
🅿︎6台完備
​完全予約制
​Copyright©︎ついてるケア2020 All Rights Reserved