岡山市北区 PMSや生理不順を訴える女性

【PMSや生理不順の症状や原因】 女性なら1度は経験あるであろう、PMSや生理不順。 PMSは、生理前に起きるイライラや腹痛、頭痛、動悸、息切れ、眠さ、だるさなどです。 生理不順は、通常生理周期より遅れてしまうことで、24日~35日周期以外で起きてしまう生理周期を生理不順といいます。

PMSと生理不順、どちらも原因はホルモンバランスの乱れといわれています。 女性ホルモンというのは、排卵や閉経など女性の体に大きな影響を与えるホルモンです。 女性ホルモンのバランスを良くしておくことで、PMSや生理不順を回避させることができますよ。

【女性ホルモンの改善方法】 PMSと生理不順を改善するため、女性ホルモンンの改善を行ってみましょう。 以下のようなポイントで、女性ホルモンの改善ができますよ。

・食生活で改善 女性ホルモンは、似たような作用をする食べ物を摂取することで、女性ホルモンを増やすことができますよ。 大豆製品やキャベツには女性ホルモンと似たような成分が含まれており、女性ホルモンを増やすことができますよ。 これらを食生活に増やし、女性ホルモンを多くしましょう。

・体を冷やさない 体を冷やしてしまうと、女性ホルモンのバランスが悪くなってしまいます。 PMSや生理不順の女性に多いのが、冷え性です。 体を温めるようにし、極力冷やさないようにしましょう。 湯船に浸かってお風呂に入るようにしたり、温かい食べ物や飲み物を口にしたり、とことん温めるようにしましょう。 薄着もNGで、できるだけ肌を露出しないようにしましょう。 PMSや生理不順を訴える女性は、薄着やシャワーで済ませる人が多い傾向があります。

・カフェインレスにしよう コーヒーやお茶に含まれているカフェインは、神経を過剰に反応させてしまうことがあります。 PMSの助長をしてしまうことがあるので、よくありません。 カフェインは極力控え、コーヒーやお茶でもカフェインレスの物を口にするようにしましょう。

・お酒もNG お酒は一時気分が高揚しますが、酔いが覚めてしまうと不快感となってしまい、PMSを助長してしまいます。 カフェインと同様、PMSが続く間は控えましょう。

・リラックスする リラックスすることは、ストレス発散に大いに役立ちます。 自分が心地よいと思うことをして、リラックスしてストレスを改善しましょう。 好きな音楽を聴いたり思いっきり笑ったり、アロマやハーブもいいですよ。 自分が好みのリラックスを作ることで、ストレスがスーッといなくなってくれます。

・質の良い睡眠を取る ストレス発散には、質の良い睡眠も大事です。 22時~2時のゴールでタイムには、熟睡をするようにしましょう。 この時間帯に熟睡することで良い成分が出たりリセットしてくれるので、ストレス発散や自律神経の調節にオススメです。 また、寝るときの環境を良くしたりなど、気持ちよく眠れるように心がけてみましょう。

いかがでしたでしょうか。 PMSや生理不順というのは、ちょっとしたことが原因で起きてしまいます。 自分でできるケアを心掛け、PMSと生理不順から解放されましょう。

岡山市北区 PMSや生理不順を訴える女性なら、「たのしい整骨院」にお任せください。


お知らせ
アーカイブ
タグ