岡山市北区 辛い逆流性食道炎の症状

2018/09/08

【逆流性食道炎の原因や症状】
胸やけが多い、ゲップが多く出るようになった、すっぱいものが上がってくる、このような症状は逆流性食道炎可能性が考えられます。

逆流性食道炎は、以前は高齢者に多く発生するといわれてきましたが、最近は若い人でも逆流性食道炎になる人が増えてきました。

逆流性食道炎というのは、胃の中で胃液と混ざった食べ物や胃液が、食道の方に流れてしまう病気です。
胃酸というのは強い酸性であり、食道に逆流してしまうと食道の粘膜を刺激してしまい、食道の粘膜がただれてしまい症状が発生してしまいます。

逆流性食道炎が何故起きてしまうのか、その原因は、食道と胃のつなぎめとなっている下部食道括約筋の筋力の低下です。
下部食道括約約筋の筋力により胃酸などが逆流しないようになっているのですが、何らかの影響でこの筋肉の機能が低下することで、胃酸などが逆流していきてしまいます。
これらは加齢によって発生してしまうことがほとんどだったのですが、最近は若い人も何らかの影響でこの筋肉が衰えてしまい、逆流性食道炎になってしまうようです。

逆流性食道炎は放置してしまう人もいるようですが、放置していても改善しません。
改善するどころか、ガンになってしまうリスクを高くしてしあいます。
逆流性食道炎は、しっかり治療をして改善しないといけません。


【逆流性食道炎の改善方法】
逆流性食道炎は、以下のような方法で改善していきます。

・薬物療法
逆流性食道炎の治療のほどんとが、薬物療法で行っていきます。
飲み薬により胃酸の分泌を中和して、食道の粘膜を保護して修復させます。

・食生活の改善
逆流性食道炎になってしまう人は、食生活にも問題があります。
脂肪分の多い食事を控えて、胃へ刺激のしない物を食べるようにしないといけません。
また、食べ過ぎに注意して、腹8分目にするようにしましょう。

・胃やお腹に負担をかけない
胃やお腹に負担をかけるのも、逆流性食道炎の場合はしてはいけません。
ベルトをきつく締めたり、重い物を持ったりなど、負担をかけないようにしましょう。

・ストレスを減らす
逆流性食道炎は、ストレスにより胃酸が多くなり食道に逆流してしまうこともあります。
ストレスを極力減らし、胃酸の量を少なくしましょう。
自分の時間を作って、充実させると良いですよ。

これらの方法で改善しない場合は、胃カメラで食道や胃を診てもらって診断をしてもらわないといけません。
食道や胃の状況を把握できるので、1番効率の良い方法です。
今は、鼻から入れるカメラや細い胃カメラもあるので、昔ほど嫌な思いをせず検査を受けることができますよ。

いかがでしたでしょうか。
辛い逆流性食道炎の症状は、まずは専門医に相談をして治療を受けるようにしましょう。
ほとんどの場合、お薬で改善します。
もしもお薬で改善しない場合は、胃カメラで細かく診てもらうのも1つの方法です。
放置しておくと重篤な病気となってしまう場合もあるので、早めに治療を受けましょう。

 

岡山市北区 辛い逆流性食道炎の症状なら、「たのしい整骨院」にお任せください。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

タグ
アーカイブ
Please reload

お知らせ

外反母趾BLOG

2017/03/22

1/1
Please reload

〒700-0913
岡山市北区大供2-5-19
たのしい整骨院     086-222-4009  
 (交通事故対応、腰痛、肩こり、膝痛などはコチラ)
​岡山外反母趾外来 086-237-0635
 (外反母趾専用ダイヤルはコチラ)
【定休日】 木曜日
​【営業時間】10:00から21:00受付まで
🅿︎6台完備
​完全予約制
​Copyright©︎ついてるケア2017 All Rights Reserved