岡山市北区 坐骨神経痛の原因と症状

【坐骨神経痛の原因と症状】 徐々になっていく坐骨神経痛は、なぜなってしまったの?と疑問に思う人も多いと思います。

坐骨神経というのは腰からお尻、ふとももの後ろ側を通っており、枝分かれして足元までいっています。 その坐骨神経の通り道の筋肉が固くなることで、坐骨神経を圧迫してしまうと坐骨神経痛となってしまいます。 坐骨神経痛は、動くと痛みや症状が変わりますよね。 その理由は、坐骨神経が通っている筋肉が固くなるような動作や動きをすることで、痛みは出たり出なかったりします。 そのため、動く角度によって痛みが出たり出なかったりするのです。

このような症状がある場合は、坐骨神経痛の可能性があります。

・足を動かすと痛い ・痛みの部分に灼熱缶や冷たさを感じる ・足が激しく痛んで歩きにくくなる場合がある ・安静にしていても、臀部や足に痛みがある ・長時間座っていると臀部や足の痛みがひどくなっていく ・足が病んで立ち仕事がむずかしい ・足に脱力感がある ・足の感覚が鈍い場合がある ・一定の姿勢で作業をしていると臀部や足に痛みやしびれを感じる ・お尻の筋肉の大きさが左右違い、痛みの症状がある方が細い

これらの症状は、坐骨神経痛の典型的な症状です。 これらの症状が1つでもある場合は、坐骨神経痛を疑いましょう。

坐骨神経痛は、病院に行ってあらゆる検査を受けても症状が出ない場合はあります。 こんなに痛いのになぜ検査には出ないの?と思うと思いますが、レントゲンでは筋肉の組織が映らないので原因がわかりにくいのです。 その場合は、検査で原因が映っていなくても辛い症状が出ていることを主張するようにしましょう。 検査で症状が出ていなくても、患者さんの訴えにより症状固定判断する場合があります。 厄介な病気が隠れている場合もあるので、専門医に診てもらい状態を把握しましょう。

【坐骨神経痛の改善方法】 坐骨神経痛は、以下のような方法で改善へとみちびきくことができます。

・痛み止め 坐骨神経痛の治療の大半は、痛み止めでの治療です。 まずその痛みを改善させるために、痛み止めを処方されます。 痛みや症状に合わせて、内服薬や座薬が処方されます。

・注射 痛みがあまりにもひどい場合は、注射で痛みを緩和させます。 硬膜外ブロック注射や神経ブロック注射を使い、痛みを抑えます。 かなり強い痛みでも、注射で瞬時に楽になりますよ。

・理学療法運動指導や温熱、電気治療などにより、症状を緩和させる方法です。 専門医の指導のもと行うので、整骨院や接骨院、病院などで行います。 専門医の観点で行う倶体的な改善方法なので、かなり良くなっていきますよ。

・手術 これらの保存療法で改善しない場合は、手術で症状を緩和させます。 最終手段であり、あまり行うことはありません。

いかがでしたでしょうか。 まず、挙げた症状が起きる場合は専門医に相談をしましょう。 しっかり検査してもらった上で対処して、症状を緩和させるようにしましょう。

岡山市北区 坐骨神経痛の原因と症状なら、「たのしい整骨院」にお任せください。


お知らせ
アーカイブ
タグ