岡山市北区大供 肩こり

2018/03/10

【肩こりには病気が隠れていることがある】
肩こりは単なる肩の筋肉や関節の痛みと思う人も多いですが、中には怖い原因も潜んでいることご存じですか?それは、肩こりの症状をあらわす病気があるということです。
例えば、以下のような病気がからんでいることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・肩が痛く体を動かすと息切れする場合
狭心症や心筋梗塞の可能性が考えられます。
心臓関係の症状で、心臓とは別の肩こりを発生させてしまうことがあります。
特に、急に肩こりを感じたのにすぐ症状が消えて胸の締め付けを伴う場合は、要注意となります。

 

・目の奥の違和感、吐き気、頭が重体などの症状
脳の血管にできたコブの影響である、脳動脈瘤の可能性かあります。
脳の血管に出来たコブが頭の中の神経を圧迫してしまうことで、これらの症状を引き起こしてしまいます。

 

・舌に歯形が付いている場合
舌に歯形が付いている場合は、歯列接触癖の可能性があります。
がっちり噛むことで噛む筋肉が疲労してしまうことで、肩こりが発生してしまうことがあります。

 

・上まぶたが黒目の真ん中までかぶさっている場合
年齢を増した人に多い症状ですが、上まぶたが黒目の真ん中までかぶさっている場合は、上瞼を引き上げる筋力が低下している眼けん下垂の可能性か眼が得られます。
視界が狭くなっているので無理にまぶたを開けようとする傾向があり、その無理を掛けることで肩こりにつなげてしまうことがあります。

 


【肩こりが治らない場合は1度専門医に】
肩こりがいつまで経っても治らない場合は、1度専門医に診てもらうことが大事となります。
たかが肩コリと思うかもしれませんが、このように怖い病気が隠れていると思うと、放置してはいけないということがわかると思います。


病院へ行って何でもないということがわかれば、セルフケアなどでケアをして肩こりを楽にしていきましょう。

 

肩こりのセルフケアは、以下の方法がオススメですよ。

 

・肩をグルグル回す
肩こりの人は、肩の筋肉が固まって硬直している場合があります。
硬直した筋肉をほぐすために、肩をグルグル回して柔軟にしましょう。
肩こりの症状によっては、肩をグルグル回すと肩こりが悪化してしまうこともあります。
はじめはゆっくりと肩を回して、大丈夫だと思ったら大きく回してエクササイズしましょう。

 

・ビタミンを摂取しよう
肩こりには、ビタミンB群とE群がオススメです。
ビタミンB群は筋肉の疲れ改善効果があり、ビタミンE群には血行促進効果があります。
食べ物やサプリメントで摂取して、肩こりを改善させましょう。

 

・冷えの改善
肩こりになってしまうほとんどの人が、肩を冷やしている傾向があります。
暑いのが嫌い、薄着ばかりする、冷たい食べ物を摂取する、シャワーばかり浴びるなど、肩こりの人は体を冷やしがちです。
とことん肩を温めることに頑張り、肩をはじめとした体全体を冷やさないようにしましょう。


いかがでしたでしょうか。
肩こりってよくあることですが、怖いことも潜んでいます。
治らない場合は1度専門医に相談をして、何でもないとわかったらセルフケアをするようにしましょう。
肩こりは悪化する前にケアをすると、改善しやすいです。
面倒な状態まで放置せず、軽度な状態から対策を取るようにしましょう。

 

岡山市北区 肩こりなら、「たのしい整骨院」にお任せください。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お知らせ

外反母趾BLOG

2017/03/22

1/1
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
〒700-0913
岡山市北区大供2-5-19
たのしい整骨院     086-222-4009  
 (交通事故対応、腰痛、肩こり、膝痛などはコチラ)
​岡山外反母趾外来 086-237-0635
 (外反母趾専用ダイヤルはコチラ)
【定休日】 木曜日
​【営業時間】10:00から21:00受付まで
🅿︎6台完備
​完全予約制
​Copyright©︎ついてるケア2020 All Rights Reserved